ページトップへ

空室検索

CHECK
宿泊日(年/月/日)
宿泊数
ご利用人数/1部屋 大人: 名様


夢乃井便り

ずいぶん寒くなり、沢山飛んでいたカメムシももう見なくなってきました。
秋の間、お日様で体を温め、冬眠場所を見つけ、いよいよ冬支度に入ったのでしょう。
もう冬もそこまで来ています。

そして夢の里には、毎年冬の訪れを告げに飛んでやってくる虫がおります。
季節の変わり目を虫の知らせで気づけるのは、この土地のとても素敵なところですね。
ふわんり ふんわり 飛んでやってきたこの小さな虫は、「雪虫」とも呼ばれ冬の始まりにやってきます。

‘雪虫’って聞きなれない方も多いかもしれませんね。
5mm程のとても小さな虫で、羽の所が綿の様なもので包まれていて、飛ぶ姿が雪を思わせとっても綺麗な虫なんですよ。
飛ぶ力はとても弱く、風になびいてふわふわ流れるので、なおさらに雪を思わせます。
毎年冬の訪れと共に出てくるので初冬の風物詩となっています。
雪虫が出ると、雪が降ると言い伝えられております。
雪景色の中での温泉はまた格別です。

でもこの雪虫、実は寿命は一週間ほど。
とっても短いのです。
熱に弱く、人間の体温でも弱ってしまうので手に捕っただけでも弱ってしまいます。
出来ましたらそっと見守ってやってほしいと思います。

記事一覧 | 2013年11月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /

1ページ (全3ページ中)