ページトップへ

空室検索

CHECK
宿泊日(年/月/日)
宿泊数
ご利用人数/1部屋 大人: 名様


夢乃井便り

真冬の山々は茶色が多く少し寂しい気もします。
しかし南天の実だけは豊富に真っ赤な実を実らせております。
南天は「難を転ずる」と音読できることから縁起のよい植物とされ、古くから鬼門や玄関などに植栽されている植物でご存知の方も多いかと思います。

この真っ赤な実は、葉の緑と補色関係にあるため鳥たちの目に鮮やかに映ります。
熟して甘酸っぱいので鳥たちの大好物で、食べた後は、鳥の糞に混ざって種子を遠くに運んでくれるはずなんですが。
夢の里の小鳥達はあまり食べていない様子。
毎年のこの実だけが残っています。
いつもの事ですが贅沢な山の住人たちです。
南天の実は鳥たちには有毒な成分が含まれているので食べ過ぎないようにしているのか。
昔はこの南天の実をおとりにヒヨドリなどを誘って遊んだりしたようですね。
でも夢の里では通用しないかも・・。



記事一覧 | 2012年2月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /

1ページ (全3ページ中)