ページトップへ

空室検索

CHECK
宿泊日(年/月/日)
宿泊数
ご利用人数/1部屋 大人: 名様


夢乃井便り

先日筍の成長具合に少々期待して山に見にいってみましたが、やはり予測通り成長よりも筍そのものが品薄状態でした。
地元の方たちと話をしていると、やはりどこの山も少なく、そのごくわずかな筍までも猪に食べられてしまうようで困っていました。
猪も自然の中で生きるのに必死ですから仕方がありません。
小ぶりの筍がいく本か出ていたので、その残り少ない筍を数本拝借して・・。
筍のお刺身と木の芽和えを作ってみました。
木の芽和えは、山椒の若葉を甘い白味噌と共に摩り下ろし、味付けをした筍とあえたもの。
爽やかな苦味の中に甘い白味噌が味に深みを出し、新鮮な若葉と筍の春の味が口いっぱいに広がります。

作り方は簡単!
 ①1cm角に切った筍を、煮汁(出汁・味醂・醤油・酒・砂糖は好みで)で下煮する。
 ②木の芽の葉先を摘み取ってすり鉢ですりつぶし、
  白みそと砂糖を加えてすり混ぜ、①の煮汁少量を加えてすりのばす。
 ③茹で筍の汁気をきって②と混ぜるだけ!

少量の筍がある時に作ってみられるといいと思います。

記事一覧 | 2011年5月

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /

1ページ (全3ページ中)